顧問弁護士との契約

顧問弁護士とは、企業法務などを行う弁護士のことです。
近年は会社に法務部を配置している企業も多いですが、中小企業などはまだまだ設置していない会社も多いです。
そういった場合に備えて、法務のスペシャリストが対応するのが、顧問弁護士の特徴です。
実際に会社には様々なトラブルが発生します。
中には、自分の会社だけでは対応できないものもあります。

そういった時、会社の状況に合わせて対応するのが顧問弁護士の仕事となります。
しかし、実際に契約を結ぶときは、月に顧問料を支払わなくてはならないことが多く、払わない場合も、必要になった時にタイムチャージという形で支払いをすることが一般的です。
そのため、契約の時には慎重に行動したいという会社や人も多いのです。

実際に大手企業などでは、それを支払う能力があるので、顧問契約をしている企業も多いですが、中小企業や個人経営などの会社になると、毎月支払うという負担は大きなものとなります。
そこで、このサイトでは、顧問弁護士と契約を結ぶときに考えておきたいことについて紹介します。
実際にこれから契約を結ぼうと思っている方は、その点を考慮してみてください。

もちろん費用よりも企業法務やトラブルの対応の方が価値が高くなることもあるので、それぞれ必要な場合に合わせて使っていくのが良いです。
まずはどのような時に使えば良いのかや、契約を結ぶときに注意しておきたいことを知っておきましょう。
その点を知っておくだけでも、実際に有利に進めていくことも可能です。


≪特選サイト≫
顧問弁護士と契約を結ぶときの費用が気になる方はこちらの弁護士事務所のサイトが参考になります ⇒ 顧問弁護士 費用